ホーム豊かなセカンドライフのために>長寿社会のマネープラン

豊かなセカンドライフのために

長寿社会のマネープラン

セカンドライフにお金はどのくらい必要なの?

60歳代から必要な生活費は、ひと月約29万円!
年間なら約345万円なり

セカンドライフつまり老後の生活費はいくらかかるのでしょうか。
総務省統計局の家計調査(平成19年のデータ)によれば60歳から69歳の消費支出の平均は28万7,586円。
一年間なら345万1,032円の生活費がかかります。

旅行や趣味は別料金

29万円はあくまで、ごくふつうの暮らしをするための金額。
旅行や趣味を楽しむためにはひと月36万円(年間436万円)がいるという調査結果もあります。

このページのトップへ

どう将来の計画をたてたらいいの?

生活設計にあわせてマネープランを
ライフイベントや夢がベース

まずは将来(20年を目安)に向かって予定させるライフイベント(子供の結婚など)とともにやりたいこと、実現したい夢を書き出しましょう。
いままでイメージしていた未来を、はっきりと自覚することにもなります。

必要な費用を計算

書き出した項目ごとに、いくらかかるか計算しましょう。
見当がつかないときはインターネットで調べるとおおよその金額がつかめます。
この作業をすることで、あなたや家族のこれからに必要なお金の全体像が見えてきます。

このページのトップへ

50歳以上の場合は?(50歳からのロードマップ)

退職金を見据えて資産運用を開始

定年退職まであと10年。50歳代はセカンドライフの準備をはじめるのに最適な時期。
これからのよりよい人生のスタートを切ってください。

退職のあとの人生設計を考える

50歳代の今から、セカンドライフのプランを立てておきましょう。

今ある金融資産の額を知る

年金や預貯金をあわせ、金融資産の総額を確認しましょう。

定年退職までに準備したい金額を算出

セカンドライフの資産としていくら必要か計算しておきましょう。

生命保険や家の改修など老後のコストを算出

住居費、食費、保険をはじめ、コストを把握していきましょう。

10年かけて資産を形成する

資産が目減りしない方法で、インフレ率を上回る
資産運用をめざしましょう。

セカンドライフへ

このページのトップへ

60歳以上の場合は?(60歳からのロードマップ)

退職1年前から開始

退職する前後の1年間はさまざまな手続きであっという間に過ぎてしまいます。
退職金の運用も、具体的スケジュールを組んで進めましょう。

退職金受取1年前 : セカンドライフを考える

セカンドライフに何をしたいかを、具体的に考えましょう。

受取半年前 : 退職後の生活に必要なお金を算出

生命保険や家の改修費など、お金の収支を計算しましょう。

定年退職までに準備したい金額を算出

セカンドライフの資産としていくら必要か計算しておきましょう。

退職金受取 : 資産運用の準備

自分で勉強するとともに、専門家にも相談しましょう。

受取後3~6ヶ月 : 初めての運用プランを具体的に考える

さまざまな情報・意見を参考にした上で、運用プランを具体的に考えましょう。

セカンドライフへ

このページのトップへ

ようこそ本店ご相談窓口へ 資産運用のプロフェッショナルがお客様のご相談にお答えします
口座開設について 口座開設の流れを説明いたします
採用情報
大切なお知らせ
岡安証券株式会社

商号等:岡安証券株式会社
金融商品取引業者
近畿財務局長(金商)第8号
加入協会:日本証券業協会