ホーム商品のご案内株式>ETF(上場型投資信託)

商品のご案内

株式

ETF(上場型投資信託)

ETFとは 日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、商品価格、商品指数など、特定の指標の値動きがほぼ連動する投資信託で、取引所に上場され、少額資金から株式のようにリアルタイムに売買できます。
世界では多くの銘柄が売買され、年金など機関投資家向けの運用商品として定着しています。

このページのトップへ

ETFの特徴

東京証券取引所で取引されています。

1.分かりやすさ

テレビや新聞で目にする株価指数の動きと連動することを目指した運用が行われるので、価格水準や値動きが分かりやすいのが特徴です。

2.流動性

金融商品取引所で、リアルタイムに売買可能です。

3.分散効果

株価指数を構成する幅広い銘柄に投資を行いますので、個別銘柄に投資する場合よりもリスクが分散されます。

4.少額投資

1万円程度から投資可能です。

このページのトップへ

ETFのリスク

  • ETFは、上場株式等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。連動する株価指数などの下落により、投資元本を割り込むことがあり、損失を被ることがあります。したがって元本が保証されている商品ではありません。
  • ETFは、その対象となる指数などの変動と連動するように、管理会社(投資信託委託会社)によって運用されている商品ですが、運用にあたり有価証券等の組入れ費用が生じることから、対象となる指標と取引価額の値動きが必ずしも一致しない場合もあります。
  • 組み入れた有価証券の発行者の経営・信用状況、あるいは発行体の財務状況の変化等により基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。(※発行体リスク)
  • ETFは、対象となる指標に基準価格が連動することを目指して運用されますが、運用上、基準価額と当該対象指標が乖離することがあります。
    なお、市場の急変時などには、対象の指標に連動する運用が困難になる場合があります。(※運用リスク)
  • 市場の需給等の状況によっては、予期した価格で売買できない可能性や、売買が成立しない可能性があります。(※流動性リスク)
  • 外貨建て資産で運用されるETFには、為替変動リスクやカントリーリスクがあります。(※為替リスク)
    「カントリーリスク」とは、対外投資や対外融資、または貿易の対象となる国の信用度のことです。
  • その他、様々な経済情勢等の影響を受けて分配金が減少したり、基準価額が変動し、投資元本を割り込むこともあります。

このページのトップへ

ETFの種類

東京証券取引所において紹介されています。
以下のサイトをご確認ください。

東京証券取引所 :  http://www.tse.or.jp/rules/etf/square.html

このページのトップへ

ようこそ本店ご相談窓口へ 資産運用のプロフェッショナルがお客様のご相談にお答えします
口座開設について 口座開設の流れを説明いたします
採用情報
大切なお知らせ
岡安証券株式会社

商号等:岡安証券株式会社
金融商品取引業者
近畿財務局長(金商)第8号
加入協会:日本証券業協会