ホーム商品のご案内株式>信用取引

商品のご案内

株式

信用取引

対面取引の信用取引制度の概要を説明しています。信用取引は所定の手続きを経て、信用口座の開設を行ったお客さまのみが可能となります。十分お読みいただいた上で信用取引を行ってください。

信用取引とは・・・

信用取引の基本的な説明をしています。

詳しく

信用取引口座の開設について

信用取引には、制度信用取引と一般信用取引があります。当社では制度信用取引のみ取扱いしています。

詳しく

信用取引についてのご注意

信用取引を行う上で特に注意していただきたいことがあります。

詳しく

このページのトップへ

信用取引とは・・・

株式取引には「現物取引」と「 信用取引 」があります。
購入代金も売却する株式もすべて顧客が保有しているのが「現物取引」、顧客が証券会社に 委託保証金 もしくはその代用の証券を担保として預け、証券会社から株券あるいはお金を借りて、株式の売り買いをする取り引きを「信用取引」といいます。証券会社が顧客に信用を供与して行う取引であることから「信用取引」というわけです。

例えば、「株式を買付けたいが、十分な資金が手元にない」といった場合や、「株価が値下がりそうなので売却をしたいが、手元に株券がない」といった場合などに、投資家が株式の売買を行えるよう証券会社が買付け代金を立替えたり、売付株式を貸し付けることをいいます。

信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

このページのトップへ

信用取引口座の開設について

信用取引開始基準

※信用取引口座開設にあたってはお断りすることがあります。この場合、理由の開示は致しません。

必要書類

別途、「信用取引口座設定約諾書」等にご記入、ご捺印いただきます。

このページのトップへ

信用取引についてのご注意

信用取引を行っていただく上でのリスクや留意点が記載されていますので、よくご覧いただき、ご不明な点はお取引開始前に本店および各支店、営業所までお問い合わせください。

信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性があります。したがって、お取引の申込みにあたっては、契約締結前交付書面等をお読みいただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。

手数料など諸費用について
委託保証金について
信用取引のリスクについて
  • 信用取引を行うにあたっては、株式相場、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券等の裏付けとなっている株式、債券、不動産、商品等(以下「裏付け資産」)の価格や評価額の変動に伴い、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 信用取引では、その仕組み上、少ない資金でより大きな金額のお取引(レバレッジ効果)が可能です。そのため、損失の額が、差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
  • 金融商品取引所の規制等又は当社の判断により、委託保証金率の引上げ、信用取引の制限または禁止の措置等をとることがあります。
  • このように信用取引は、お客さまの投資した資金に比べて大きな利益が期待できる反面、価格の変動が予想と違った場合には、損失も大きくなります。したがって、信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客さま自身の判断と責任において行うようお願いいたします。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません

 

このページのトップへ

ようこそ本店ご相談窓口へ 資産運用のプロフェッショナルがお客様のご相談にお答えします
口座開設について 口座開設の流れを説明いたします
採用情報
大切なお知らせ
岡安証券株式会社

商号等:岡安証券株式会社
金融商品取引業者
近畿財務局長(金商)第8号
加入協会:日本証券業協会