ホーム商品のご案内株式>REIT(不動産投資信託)

商品のご案内

株式

REIT(不動産投資信託)

不動産投資信託は、"Real Estate Investment Trust"の頭文字をとってリートと呼ばれています。
資産の大半をオフィスビルや賃貸マンション、商業施設、物流施設などの収益不動産で運用し、その賃貸収入等から得られる収益を投資家に配分することを目的とする投資信託です。
収益の90%超を投資家に配分するなどの一定の要件を満たすことにより、実質的に法人税が非課税となる仕組みになっているため、魅力的な分配金利回りが期待できます。

このページのトップへ

REITの特徴

1.証券取引所に上場している

代表的な銘柄は証券取引所に上場しており、株式と同様、全国の証券会社を通じて売買ができます。
指値注文や成行注文もできます。

2.リスク分散、専門家が不動産を運用

不動産の専門家が複数の物件に投資して運用するので、リスク分散の効果があります。

3.安定した分配金、相対的に高い利回り

分配金の原資は多数の物件からの賃料などであり、安定した分配金、相対的に高い利回りが期待できます。

4.比較的、手の届く金額で投資できる

1口30万円~90万円前後から投資可能で実物不動産への投資と比べると比較的手の届く金額で投資ができます。

このページのトップへ

REITのリスク

  • 市場で取引されるため価格変動リスクがあり、購入価格を下回る可能性もあります。
  • 不動産賃貸市場や金利環境等、様々な経済情勢等の影響を受けて、不動産投信の価格が下落したり、分配金が減少する可能性があります。
  • 個別の不動産において地震、火災などによる費用増加、法制度や税制の変化等によっても影響をうけたり、投資法人の倒産などにより損失を被る可能性があります。
  • 取引所が定める上場廃止基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。
  • 売買には手数料等がかかります。

このページのトップへ

ようこそ本店ご相談窓口へ 資産運用のプロフェッショナルがお客様のご相談にお答えします
口座開設について 口座開設の流れを説明いたします
採用情報
大切なお知らせ
岡安証券株式会社

商号等:岡安証券株式会社
金融商品取引業者
近畿財務局長(金商)第8号
加入協会:日本証券業協会